読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOMIOKA BASE

日本・ときどき・海外・ふつうの生活をありのままに・のーてんき主婦のおうち仕事

Ritzwell(リッツウェル)のダイニングテーブル&チェア

前回紹介したダイニングテーブル&チェアの詳細

 

f:id:satoyumi10020908:20160617093703j:plain

 

チェアはLUPIN(ルパン)というシリーズ

座面のカバーはマジックテープで留めてあって洗濯も可能!

 

f:id:satoyumi10020908:20160617093710j:plain

一度コーヒーを派手にこぼしてしまいおうちクリーニングしましたが

なんとか新品同様を保っています!!

 

私は一生モノくらいの気持ちではいますが

5年くらいで張り替える方が多いと聞いて驚き~!

もはやそれが早いのか遅いのかさえも よく分かりませんが(笑)

 

こちらはリッツウェルさんのHPからお借りした画像です

こんな明るい色もあります。この色もとても素敵で迷いました~

LUPIN_image3.jpg

 

背面はレザーで色は3種類くらいから選べて

黒のレザーと迷いましたがパッと見、レザーなのか木なのかわからない

“ 何気にレザー感 ” が良かったのでこの色にして正解だったと思っています

 

 左: IBIZA FORTE(イビサフォルテ)  右:MARCEL(マルセル)

 

この2つもとても素敵で迷いました。

最近は背もたれの低いマルセルのような柔らかい丸みのある

優しい印象の椅子をおすすめしているメーカーさんが多いような気がします。

 

左のイビサフォルテもとても素敵できっと使い込んでいくうちに良い味が出るんだろうなぁ

なんて思うと本当に無限に夢が膨らみ一生決められないような気がしましたが(笑)

私は背もたれの高い椅子がいいと思っていたのと

最終的には座り心地が決め手となりました。

 

テーブルも何種類か迷いましたが主人がとても気に入ったこちらにしました!

 

f:id:satoyumi10020908:20160617093656j:plain

 

リッツウェルの画像とは程遠いですが我が家はこんな感じです(笑)

 

フェアでもメーカーの方は断じてきっぱりオイルフィニッシュ推し!

一緒に回ってくれたアテンドの方はウレタン加工推し!

 

最後の最後まで実はここが決めかねていたところだったのですが

リッツウェルの担当の方によく話をきいてみると

ウレタンだからといってシミができないわけではないということと

ウレタンはシミや傷ができた時にヤスリをかけることができないこともあり

きちんとお手入れをするならばオイルフィニッシュの方が綺麗に使えそうなので

将来的なことをよく考えオイルフィニッシュに決めました。

 

実際に使ってみてもウレタンにしなくて良かったなぁと思っています!

 

中には迷わず即決する方もいるようですが

ですよね~お金持ちなら~飽きたら買い替えられるし~すぐに張り替えられるし~

しかし私のような凡人には清水の舞台から

(押すなよ、押すなよ!絶対押すなよ!!と叫びながら)

5、6回は飛び下りなければいけないほどの

死んでも死にきれないような高い買い物でしたので

毎日暇さえあれば考えているという感じでした(笑)

 

本当に悩んで困った時には些細なことでもメーカーさんに相談すると

後悔のない結果に導かれるような気がします ♪

ご参考まで。。。